ヘルベグ日記

浦和レッズと横浜ベイスターズが大好きっす

2013/04/30(火) 17:40:04

『リンカーン』



昨日観てきました


久しぶりの洋画


おもしろかったけれど、
おもしろいというよりも、非常に興味深く感じたというべきかも。

あまりリンカーン大統領について深くは知らず、奴隷解放の父で暗殺された大統領くらいの
知識しかなかったです。

この作品は南北戦争終戦間際、下院での奴隷制度廃止決議の話。

非常に興味深かったのは、リンカーンが正義ではなく、共和党、民主党おのおのが正義と信じることがあり、
最後に賛成にまわらなかったあの議員だって、リンカーンから説得されてなお、愛する弟のことを想い、反対にまわったわけで、決して非難されることではないということ。

奴隷制度に固執した民主党が悪というならば、インディアンを迫害したリンカーンだって悪といえる。
要は立ち位置によっておのおのの正義は変わるだろうし、そこでああいう演説をしたリンカーンの勝ちなのかなと。

下院で可決される際、執務室でリンカーンが子供と光を浴びながらの絵があり、そのあとに暗殺されるところは撃たれるシーンでなく、撃たれたという報を劇場で子供が聞いて泣き叫ぶ
これは観せ方としてうまいなと思ってしまいましたね

観ていて気になったのが、オフィシャルな場でもないのに、ニガーと言っていた人が、ブラックピープルというシーンもあり、こういう使いまわしはその場の感情なのだろうか?

お手伝いさんがコーヒー出すシーンでカップをカタカタいわせながら出したのは演出?

それはズラだろ!と思ったら最後にはずしてスッキリ


と、いろいろと思うことあり、久しぶりに観た洋画はよかったです。


観たあとは錦糸町の居酒屋&BARのハシゴで午前様
連休明けの今朝は会社に行くぞと身体に命じるもなかなか大変でした


さて、今日も無事終わったので、パルコ劇場へ向かいます。

『レミング−世界の涯まで連れてって−』

常盤貴子観るの久しぶりだー

もちろん最前列( ̄▽ ̄)

iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
( 関連性のないコメントやトラックバックは、削除されますのでご了承下さい )
管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。