ヘルベグ日記

浦和レッズと横浜ベイスターズが大好きっす

2013/10/21(月) 23:12:55

今日は会社の創立記念日でお休みだったので、2週続けて3連休!!

そうとう久しぶりに丸一日アニメづくし

WOWOWで録画したロードス島戦記を一気見して午後から外出



劇場版「空の境界」未来福音

劇場版「空の境界」未来福音 extra chorus



入場時に第3弾来場者特典らしい関係者記念本をいただきました


とりあえず入って上映まで読んでましたが、実はこういうの自分はいらないんですよね・・・すみません
ポストカードとかもらっても困る人なんす
あれだけライブや観劇してもグッズ買わないしw
浦和の入場時のカードも貰わないし、マッチデープログラムも買って読んだら捨ててしまう。
なので、この第3弾来場者特典欲しい方いたら差し上げます。

で、未来福音の感想


個人的にはすんごい良かった!!!!


抜群と言っていい出来だと思われます!

エンドロールのあともよかったしね!

終章ではちょっと消化不良だったので、これは観てよかった


占い師のクジラさん良かったよーー


またそのうちWOWOWでやるでしょ

楽しみにしよう



続いて、

劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

これも来場者特典あり・・・
大ヒット御礼!来場者特典「超平和バスターズ色紙風ポートレート」と
公開館拡大記念!5万人先着!!「泣いてもいいんだよボックスティッシュ」アンコール

まず色紙がカバンにはいらねー・・・
なので持ち帰るために折り曲げましたw
ボックスティッシュは未使用
これも欲しい方いれば差し上げます。


で、「あの花」の感想

これも良かったよーーー


というか泣くよね


テレビで泣いたんだからあの大画面で泣かないわけがない(なにをえらそーにw


後半涙腺がヤバかった
というか決壊していたかも(T△T)


ホントは「そして父になる」「地獄でなぜ悪い」とか観たかったんだけど、
「あの花」なんか終わっちゃいそうだし、
今日は「空の境界」と「あの花」でした。


明日は仕事の後にフットサルだー
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/07/28(日) 10:23:34

風立ちぬ



ジブリ観てきました

シロウくん、いつものお誘い感謝( ̄人 ̄)


全然内容知らずに観た『風立ちぬ』

零戦の設計者堀越二郎さんと堀辰雄さんの小説『風立ちぬ』を混ぜたものなんですね


子供向けではないでしょうけど、
2時間ちょっとの上映時間、飽きずに観れました


主人公・二郎の声をあてた庵野秀明監督の棒読みも思ったほど邪魔にはならず、
そういうものだと思って観ていれば大丈夫でしたね


夜は叔父さんたちと暑気払い
ついつい山崎12年を1本空けてしまいましたw
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/06/10(月) 23:37:04

『さよなら渓谷』完成披露試写会
@よみうりホール



上映前に舞台挨拶
登壇者は入場順に
大森立嗣監督/鈴木杏/大西信満/真木よう子/大森南朋/鶴田真由/井浦新

あれ?南朋さんがいる
不道徳教室は?と思ったら今日は休演日でした
横浜公演が終わり東京公演に突入している今、声がちょっとハスキーな感じになっていましたね(^◇^;)

それにしても豪華な舞台挨拶
というか良いキャスティングだよなと思います



メインキャスト以外でも刑事役の木下ほうかと三浦誠己、お母さん役の木野花とか安定だわー

内容はめっちゃ重いです
特に女性からすると重いっていうだけでは片付けられないかもしれませんね

原作読んでいない自分にとってみると、最後の南朋さんの質問は強烈だなーと思う反面、あそこで終わるこの映画がとても好きです

原作読んでいないので、日本のどの辺りにいるのか予想がつきづらかったですが、曇天な感じや波、あとは言葉遣いで関東から日本海側に移動したのかな?と思って見てました
→エンドロール見たら正解でしたね



それにしても、
あんなにカラミを見せるんなら乳首くらい見せないと逆に不自然だと思うぞ!
前の主役の時にヌード以上のことしてるんだからおいおいって感じ



余談ですが、
本編終了してエンドロールに入る瞬間にそそくさと出て行ったカップルは触発されてホテルに直行したのだろうかw

iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/05/04(土) 15:08:07

今日は朝から映画鑑賞

『藁の盾』




〜あらすじ〜
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。
日本中がにわかに殺気立ち、身の危険を感じた犯人の清丸国秀は福岡県警に自首する。
警察は警視庁警備部SPの銘苅一基、白岩篤子ら精鋭5人を派遣し、清丸を福岡から警視庁まで移送させる。
しかし、清丸への憎悪と賞金への欲望にかられ、一般市民や警護に当たる警察官までもが5人の行く手を阻む。


えー、決して観終わったあと、気持ちよく帰れる映画ではありません。


先月28日にも下北沢で『葛城事件』(池田小の話)を観たあとだったし、
ラストの藤原竜也のセリフは予想できてしまったけど、そこで懺悔はないなと思っていたからまぁ、そうなるなと。

いきなり未遂の人間に1億与えられたので、正直攻め込みかたはぜんぜん足りなかったし、岸谷五朗が退場したあたりからちょっと間延びした間は否めません。

それでもストーリーはおもしろかったし、安定のキャストだったと思います。




今回一番驚いたのは自分の職業柄


新幹線、台湾のじゃん!!!


いや、鉄っちゃんではないし、さして興味もないのですが、
散々、台湾には行った(年間100日越えるとビザが必要)ので、あの車両は覚えていますです。


いまだに乗ったことはないのですけどねwww



話を戻しますが、

ラスト、不幸になったり報われなかったりした人間が多い中で、
結果的に銘苅(大沢たかお)にとっては生きる目的ができたことは
意外でした

意外でしたけど、悪くはないと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/04/30(火) 17:40:04

『リンカーン』



昨日観てきました


久しぶりの洋画


おもしろかったけれど、
おもしろいというよりも、非常に興味深く感じたというべきかも。

あまりリンカーン大統領について深くは知らず、奴隷解放の父で暗殺された大統領くらいの
知識しかなかったです。

この作品は南北戦争終戦間際、下院での奴隷制度廃止決議の話。

非常に興味深かったのは、リンカーンが正義ではなく、共和党、民主党おのおのが正義と信じることがあり、
最後に賛成にまわらなかったあの議員だって、リンカーンから説得されてなお、愛する弟のことを想い、反対にまわったわけで、決して非難されることではないということ。

奴隷制度に固執した民主党が悪というならば、インディアンを迫害したリンカーンだって悪といえる。
要は立ち位置によっておのおのの正義は変わるだろうし、そこでああいう演説をしたリンカーンの勝ちなのかなと。

下院で可決される際、執務室でリンカーンが子供と光を浴びながらの絵があり、そのあとに暗殺されるところは撃たれるシーンでなく、撃たれたという報を劇場で子供が聞いて泣き叫ぶ
これは観せ方としてうまいなと思ってしまいましたね

観ていて気になったのが、オフィシャルな場でもないのに、ニガーと言っていた人が、ブラックピープルというシーンもあり、こういう使いまわしはその場の感情なのだろうか?

お手伝いさんがコーヒー出すシーンでカップをカタカタいわせながら出したのは演出?

それはズラだろ!と思ったら最後にはずしてスッキリ


と、いろいろと思うことあり、久しぶりに観た洋画はよかったです。


観たあとは錦糸町の居酒屋&BARのハシゴで午前様
連休明けの今朝は会社に行くぞと身体に命じるもなかなか大変でした


さて、今日も無事終わったので、パルコ劇場へ向かいます。

『レミング−世界の涯まで連れてって−』

常盤貴子観るの久しぶりだー

もちろん最前列( ̄▽ ̄)

iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/04/23(火) 07:24:04

『図書館戦争』試写会
@ニッショーホール


自分、原作もアニメも知らないので、内容についてここが変わったとかはわからんのですが




映画『図書館戦争』はおもしろくなかったです




原作とか人気のようだし、おもしろいんだろうけど、



少なくても実写版は・・・





( ̄人 ̄)チーン






自分はじゅんさんがけっこう出ずっぱりだったので、そんなあたりでしのいでましたね


iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/03/11(月) 22:05:42

昨日は花粉舞う中、新宿まで行きようやく観て来ました
『横道世之介』



久しぶりの大当たり!!

ホントおもしろかった!!

やっぱり日本映画が好きだなーと実感

160分と時間だけ書くと長めですが、
見ていると全然そんなことなくて、いつの間にこんなに時間が?というくらい自然に時間が過ぎてしまう。そんな感じ。

わりと最初に出てきた親戚のお兄さんの家での会話が意味わからんでおもしろすぎ

マスコミは第三の権力

マスコミはよかぞー的な話で、

じゃあ1と2は?っていう質問にはスルーw

とりあえず踊れとかいうしw

その後のサンバ部の合宿先にもふいた
後ろを羊の群れが散歩してたり、この空気感よいわー

綾野剛が夜の公園に行くところもめっちゃよい
あそこてスイカ割ってあげるとは思わなかったwww

世之介の実家で蚊叩いた後にお父さん(きたろう)も叩かれてたしw

吉高実家に行ったところも、お父さんの國村隼がしばらくビリヤードをしてるんだけど、全然玉が入らねー
娘の彼がきているから心穏やかじゃないのか?
それともヘタなのか?wって思って観てました

DJの伊藤歩がテンション下がったニュースの真相がわかって確実に劇場の温度も下がるわけで、
ここからどうなるのかなって思って観ていて、最後の終わり方を含め良い映画でした

送られてきた写真も最後にそれぞれの内容がわかってスッキリ

あぁ、あれ犬だったのか とかね

検索しても出てこないんだけど、
世之介が万札のチップ貰った相手って岩松了さんだった気がするんだよなー
映るのは廊下から部屋に入るカットだけ。

あ、あと江口のりこさんの存在感がハンパないw

映画観たあとは18時近かったので、一気に寒くなっていて、ピカデリー近くのワインバーに避難

避難したはずなのに、結局二人で二本くらい飲んでしまい日曜日なのにいかんいかん

ま、酔ったおかげて多少は寒さを感じずに帰れましたよw

iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/03/04(月) 23:19:08

仕事終わりにさっそく観てきました

満席でございます

『機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」』
@新宿ピカデリー


上映時間は他の映画の予告とUCダイジェストを除いて約60分

原作を読んだことがないので、今回も純粋に楽しみにしてましたよ

原作好きな人とかからするとあーだこーだ言いたいのかもしれないけど、
自分はおもしろかったですよ


普通にダイジェストも良いし、


あいかわらず戦闘シーン綺麗だし、やっぱ劇場でしょ!


ゼネラル・レビルとの戦いでのシナンジュとローゼンズールの反則級の強さが好きですw


次は来年春ってことは1年後か


楽しみに待ちますです

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/02/18(月) 21:24:04

『蟻が空を飛ぶ日』試写会
@ワイルドファイア 九段下試写室

あまり知らずに応募して当たったので観てきました

自主制作映画なのね

階段降りて試写状渡して入ったのですが、上映前に監督の軽い挨拶があり、入口で試写状受け渡したのが監督だったんだーなんて思いながら観てました

会場は30人分くらいの椅子があり、
たぶん自分入れてお客は8人

ストーリーは
殺人の罪から逃れた者たちを集めて殺し屋にしたてあげる組織があり、東大生の健二も、表向きはごく普通の大学生として生活する一方、組織の一員としてアルバイトのように殺し屋の仕事をこなしていた。ある日、ベテラン暗殺者の大道寺をリーダーとする4人のチームでいつものように暗殺の仕事を進めていた健二だったが、ターゲットの男が真紀という女に殺されてしまう。殺し屋として生きる男女の愛を描くバイオレンスラブストーリー。

ツッコミどころも多々ありますが、
自主制作だし、低予算だし、役者もこれから?な人ばかりだろうし、そういったこと考えると観れなくはないです

低予算の影響かあまりバイオレンスではありません
そんなに血もドバーッとでないし。
自分が普通に観れたのだから推して知るべし←スプラッタ苦手←それでも冷たい熱帯魚とか観るけどw

ストーリーと関係ないですが、
牢屋でゴミだしする時に外からゴミ取る姿がちょっとオモロかった

iPhoneから送信


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2013/02/09(土) 23:59:39

昨日の朝一出社した後に13時の便で羽田から小松、そして富山へという慌ただしい出張を終え、

今日は

『脳男』初日舞台挨拶
@TOHOシネマズ日劇 スカラ座




やはり生田斗真ファンが客の9割以上w


脳男


それなりに面白かったです


最初の爆破で男の子があの中でなぜ歩いているのか不可解でちょっと入りそこねたり、ちょいちょいなんで?ってのがありますが、そこは映画(原作含めて)


そういうの除けは面白かったのではないかと。

人が不自然に生き延びないのがよかったかと。
新人刑事然り。


あとラストの展開が予想通りで個人的にはよかった

自分としては
人間そうは変われないよという結論

そう考えるとあのお母さん(山崎ハコ)は悲惨すぎ


それにしても山崎ハコ使うあたりスゴイ

『ヘブンズ ストーリー』以来のようです。
馴染みのない人も“呪い”って歌なんかは『ちびまる子ちゃん』や『リンカーン』の肝試しネタで聴いたことあるかもしれませんね


上演後の舞台挨拶
生田斗真/松雪泰子/江口洋介/二階堂ふみ/太田莉菜/瀧本智行監督


特に調べもせずに二階堂ふみは20代半ばかと勝手に思っていたので18歳と聞いてビックリ

すみません『ヒミズ』観てないんです
(WOWOWで先日録画したので近々観る予定)

今月観劇の『八犬伝』や5月の『不道徳教室』に出演なので名前は知っていたのですが、まさか10代とは知らなんだ

なんとなく宮崎あおいに似てますな


脳男の次は
夕方になりますが、NHK放送センターで
オンバト+の公録




バイきんぐを初めて生で観たのですがおもしろかったっす
エレファントジョンもおもしろかったなー
BKBはwww



あ、書いてなかったのですが、
先日『ストロベリーナイト インビジブルレイン』観ました

アフター・ザ・インビジブルレインを先に観てしまったのですが、
それについては今回映画観たことで納得する部分もあったので、
そういう意味では観てよかったかな。それだけっす。
なのでテレビでも十分かもw
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る